いぶき会について いぶき会

いぶき会

小田原、箱根で活躍する若手木工職人の団体「いぶき会」の紹介です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「工芸」~日々の活動拠点~その2

工芸技術所では、木工業者に対して、機械の貸し出しをしてくれます。
今回は、その一部をご紹介。

少量の加工の際や、なかなか個人で所有するのが難しい大型機械などをお借りできて本当に助かります。
工芸の協力の下、日々ものづくりに励んでいます。


3Dで複雑な加工が可能な「NCルーター」→ NC.jpg

御椀やお盆などを挽くときは「轆轤」→ 轆轤2

木材のカットは「昇降盤」→ 昇降盤

もしくは「帯鋸」、曲線もOK!→ 帯のこ

表面の仕上げに「ワイドサンダー」→ ワイドサンダー2

板同士の圧着や寄木などに「大型プレス機」→ プレス機





スポンサーサイト
別窓 | いぶき会について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「工芸」~日々の活動拠点拠点~

いぶき会の日々の活動について少しお話しようと思います。


メンバーは個々人で活動しておりますが、イベントや勉強会などでグループとして活動をしています。

そこで活用させていただいているのが、工芸。正式には「神奈川県産業技術センター 工芸技術所」ですが、我々は親しみを込めて「コウゲイ」と呼んでいます。

工芸正面門

昭和12年に小田原に創設され、現在は小田原厚木道路と久野川の交わるあたりにあります。

玄関を入ると、箱根、小田原の職人たちの作品が陳列されています。また、館内には戦後から現在にかけての貴重な木製品のコレクションが見られます。すごい数です。HPでも見ることができますので、ご興味のある方は必見です。
→ http://www.kanagawa-iri.go.jp/infosys4/search_form.do

一階展示室 カンファレンス展示 

展示会などの打ち合わせや、勉強会、POP等の制作、色々備品の保管なども、工芸技術所を中心として色々と進めております。

いぶき会の月一回の会合も「工芸」の会議室をお借りして行っています。



次回は工芸の機械室から。


別窓 | いぶき会について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| いぶき会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。